コンテンツ

トイレの水漏れは修理よりも交換で対処を

トイレに水漏れなどの不具合が起こったとして、修理するよりも交換したほうが結果的に得することが多いのをご存じでしょうか。トイレの節電や節水機能が昔と比べて著しく進化していることが理由で、既存のトイレが古いほど効果が高くなります。もしトイレの修理を考えているようなら、長期的な視野で交換も同時に検討するようにしましょう。

■トイレの交換は自分でもできるか?

トイレの便座だけを交換するのであれば、特別な技術や特殊な工具も必要ないため自分でも可能です。便座はホームセンターやインターネットの通販で購入でき、ウォシュレットや脱臭、フタの自動開閉など便利なものがそろっています。サイズや形などに注意して選ぶようにしてください。
しかしトイレの交換をするなら、作業は業者へ依頼するのが基本です。理由として、自分で作業すると失敗した場合のリスクが大きすぎる点があります。スムーズに交換できれば良いですが、もし作業に失敗して大量の水が漏れるようなことになれば大惨事です。一軒家なら床下に浸水して建物の劣化を早め、マンションなら階下へ大迷惑をかけて損害賠償の話にならないとも限りません。こういったリスクを考えると、専門の業者へ依頼することをおすすめします。

■交換にかかる費用相場とは

修理するにしても交換するにしても、やはり費用の問題は大きいため、だいたいの相場を知っておくと参考になります。本体は機能性によって大きく幅が出ますが、便器と便座だけのシンプルなものなら5万円程度から、ウォシュレットなどの温水洗浄便座付きのものは10万円程度から、タンクレスタイプや全自動洗浄付きなら15万円程度からが相場です。業者へ依頼した場合は、これら本体の価格だけではなく、工事費と既存トイレの処分費も必要です。しかし、業者によっては本体費用とこれらの費用をセットにしているところもあります。不明な場合は金額にどのような項目が含まれているか確認しておくと心配ありません。
注意したいのは和式から洋式に交換するときです。本体価格と工事費と処分費に加えて給排水管工事や床の張り替えもしなければならず、さらに見積もっておく必要があります。給排水管工事は約1万円から、床の張り替えは約1万5千円からを目安にしておきましょう。トイレによっては別途電気工事が必要になるケースもあります。

■まとめ
交換にかかる費用相場を知っておけば、水漏れなどのトラブルが起こって修理か交換を検討する際の判断材料になります。知識を上手に役立てるようにしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ