コンテンツ

ウォシュレットやシャワートイレの水漏れ原因と対処法

ウォシュレットやシャワートイレなどと呼ばれる温水洗浄便座は、ひと昔前からは考えられないほど日常に溶け込んでおり、世帯普及率は8割近いともいわれています。利用者の多い状況だけに、仮に水漏れなどのトラブルが起こると不便になるだけではなく、場合によっては事故にもつながりかねません。いざというときに備えて、ウォシュレットの水漏れ対策を知っておくと安心です。

■真っ先にしなければならない作業とは

ウォシュレットでの水漏れトラブルに直面したら、原因を確認するよりも先にトイレの止水栓を閉めるようにします。水漏れの原因がどこであっても、これでとりあえず水漏れはとまります。止水栓の場所が不明な場合、代わりに水道の元栓を閉めても水はとまります。そして、閉めたあとに電源を切ります。プラグもコンセントからしっかり抜いてください。これで漏れていた水はとまり、漏電したり作業時に感電したりするリスクも解消できます。トイレでの水漏れ対応は、作業に失敗すると大量の水があふれ出すなどの二次被害を引き起こします。被害拡大を防ぐためにもこのふたつは真っ先に対応するようにしてください。

■原因の確認方法と対処法

ウォシュレットには水漏れが発生しやすい箇所があり、洗浄用のノズルや水を流すための給水ホース、給水フィルターなどが該当します。ノズルの場合、バルブユニットの故障や電磁弁の機能低下のほか、ノズルについた水あかも原因となり得ます。ノズルから水が漏れていたら、まず掃除をしてみて、直らなければ新しいものとの交換して対処します。もし交換しても直らないようなら、パッキンの劣化やタンク内にある栓の劣化などが考えられます。この場合は業者へ相談しましょう。給水ホースからの水漏れは、つなぎ目にあるボルトやナットの緩みがあり、これも同じくパッキンの劣化が理由として考えられます。給水ホースから水が漏れているようなら、接続部をチェックしてみてください。同様に新しいものと部品を交換すれば直りますが、自信がなければ業者へ連絡するのが安心です。
ウォシュレット 水漏れ対応は、一歩間違えると漏電による火災が起こったり、水道管から大量の水があふれ出てとまらなくなったりするケースもあります。無理をせず業者へ相談することをおすすめします。

■まとめ
ウォシュレットでの水漏れ対応時は、止水栓をまず閉めてから電源プラグをコンセントから抜き、落ち着いて原因を確認しましょう。基本的には業者へ依頼するのが望ましいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ